< !--Tradedoubler siteverification 3222025-- >

【Illustrator】スポイトツールで画面の外側から色を拾う方法

2021年4月4日


画像などから色を吸い取るときに使うスポイトツールですが、

このような、フォトショップ画面の外から色を吸い取りたい時はどうすればよいのでしょうか?

今回はスポイトツールで画面の外から色を拾う方法をお伝えいたします

スポイトツールの使い方

まず基本的なスポイトツールの使い方をみていきましょう

いつも使っているテロップが何色を使っているか調べたいときになどに、画像を貼り付けてスポイトツールを持ちます

いつものテロップ

吸い取りたい色をクリックします

すると描画色の方の色が吸い取った色になりました。

描画色が吸い取った色に変わる

クリックしてカラーピッカーを開くと色情報が分かります。

#fbd500ですね。

さらにスウォッチをみてみると色がスウォッチに登録されています。
シェイプを選択して登録されてる色をクリックすると簡単に登録された色に変わります。

吸い取った色をクリックすると
黄色になります

調整レイヤーを重ね選択範囲の色を変えたりもできます。

範囲選択して調整レイヤーを選択
選択肢範囲だけ色を変えることができました

またサンプル範囲を指定したピクセルにするとピンポイントで色を拾いますし、

サンプル範囲を広くすると範囲の平均から色を拾ってくれます

同じ箇所をクリックしても色が違う

フォトショップ画面の外から色を拾う方法

1.色を付けたい図形を選択ツールでクリックして選択します。
 ①選択ツールをクリック
 ②色を付けたい図形を選択。

初心者の方に多いのが『図形を選択していない』こと。まず色を付けたい図形を選択していないと
『あれ?色が変わらない。』となってしまいます。

2.スポイトツールを選択します。

どこでも良いのでクリックします。
するとスポイトのアイコンが画像のように変化します。

クリックしたままイラストレーターの画面の外へスポイトを持っていきます。
抽出したい色の上でマウスを離します。
すると抽出できました。
簡単ですね。

色を付けたい図形がグループになっているとうまく行かないような気がします。
グループは解除してから色を付けましょう。

***************************************************************

まとめ

今回はスポイトツールの使い方を簡単にご紹介しました。

写真からも色を拾うことができてとても便利なのでぜひいろいろと試してみてください。